これまでの仕事 修繕 会社概要 お問合せ ブログ
.

徳永英明コンサート2016 in福井

2016.10.03  

こんにちは。

 

昨日、フェニックスプラザで開催された「徳永英明コンサート2016」に行ってきました!

 

 

・・・両親と。

 

 

 

ワタクシ、いま31歳なのですが、

なかなか同年代で徳永英明コンサートに行ってくれる友達がおりません。

 

かと言って一人で行くほどの熱狂的ファンでもないので、

自然とそのメンバーとなったワケです。

 

 

開場は15時15分でしたが、駐車場が混むと思い15分前の15時に到着。

開場までの間、周りを見渡すとやはり年配の方が圧倒的多数でしたが、

チラホラ同年代くらいの若人(わこうど)の姿も見受けられました。

 

 

 

 

さすがに去年行った「高橋真梨子コンサート」の時よりは平均年齢は若めでしたね。

 

ちなみに去年の高橋真梨子コンサートは滋賀県の琵琶湖ホールまで行きました。

 

 

・・・両親と(またかい!)。

 

 

 

 

 

 

 

さて、コンサートですが前面の平面座席ではなく、

通路を挟んで後ろの階段状の座席に座りました。まぁ後ろの席です。

 

1曲目が始まるとさすが前面のホンモノのファンの方々は立ち上り、曲に合わせて合いの手を入れます。

ワタクシのようなニワカファンは、座ったまま落ち着いて歌を聴くことができたので、

この席でよかったと思いながらコンサートがスタートしました。

 

 

知らない曲ももちろんありましたが、1曲目の「君の青」からはじまり、往年の名曲「レイニーブルー」「夢を信じて」「壊れかけのレイディオ」「僕のそばに」なども歌ってくれました!!ハスキーな美声で、ときにこれでもか!というほどやさしく、ときに力強く、聴かせてくれました。素晴らしかったです。行って良かった。

 

 

 

曲の合間のMCでは、福井のことについてお話ししてくれました。

 

前日金沢からバスで福井に到着したのが午後8時すぎ、、、。

その時の街の様子を

 

「人影も見えない」とか

「人がなぜいないんだ」とか

「なんだこの街は、、、」とか

 

おっしゃっておりました。

 

それなのに翌日の早朝、

ホテルの外の騒がしい声で目を覚まします。

 

 

「オレってこんなに人気があったのか、、、」

 

 

しかしよく見ると様子がおかしい。

 

実は、マラソン大会のために集まった人たちでした。

 

 

「昨日は誰もいなかったのに、こんなに人がいたのか、、、」

 

 

マラソン大会も収束すると、

再び「人影も見えなく」なり、、、

 

 

「なんなんだこの街は、、、」と(笑)

 

 

 

この毒舌トークに会場では笑いが起こり、

僕も徳永英明ってけっこう面白い人なんだなぁと思いました。

 

 

 

そして話は、自身のコンサートにかける思いにも及びました。

 

このコンサートツアーでも、喉の調子を含めた体調のことを考えると、最初は完走できるかとても不安なコンサートだったそうです。お客さんに最高のパフォーマンスを見せ続けなければならないと。

 

しかし、コンサートを続けるうちに考えが変わり、

今では、「自分の生きざま」を見てもらいたいと思うようになったそうです。

 

不安なまま歌うのではなく、そのときそのときを一生懸命に歌う。

そうすることで、そのときのありのままの徳永英明が伝わる、ということかなと解釈いたしました。

 

そして、徳永英明のようなビッグスターでさえ、未だに不安になったり悩んだりすることがあるんだなぁ、、、とシミジミ思いました。

 

 

しかしそのことが、歌手としてトップで走り続けられる所以かもしれませんね!

 

 

進化し続ける男、徳永英明に今後も注目ですよ!

(おまえ何様やねん!)